さくらのレンタルサーバーからエックスサーバーにWPで構築した(SSL化済み)ブログを移転する(データベースとファイルのエクスポート編)vol.2

2017.11.14サーバー移転

データベースとファイルのエクスポート

今回は、さくらのサーバーに保存されているデータベースをエクスポートする方法をご紹介したいと思います。

データベース名やドメイン名等実在のままで公開していますが、現在使っていませんのでご安心ください。

移転する前に、WP内を整理しておきましょう!

  1. 使っていないプラグインは「停止」ではなく「削除」する
  2. 使っていないテーマは削除する
  3. 不要な画像ファイルは削除する
  4. プラグイン(WP-Optimizeなど)を使ってデータベースを最適化しておく
  5. ゴミ箱の中を空にしておく

サーバーコントロールパネル

さくらインターネットのサーバーコントロールパネルにログインします

  1. サイドメニューの「データベースの設定」を開きます。
  2. データベースの設定

  3. 「管理ツールログイン」をクリックします。
  4. ログイン後データベース名をクリックします
  5. 画面キャプチャ

エクスポート

  1. テーブルデータすべてにチェックを入れてエクスポートします
  2. キャプチャ画面

  3. 「□DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT を追加」にチェックを入れて「実行する」をクリックします
  4. キャプチャ画面

    補足※ 他の設定はデフォルトのままでOKです
  5. 保存先を選んで「保存」をクリックします(例:デスクトップなど)
  6. キャプチャ画面

メモ帳で開く

  1. 保存したファイルを右クリックして「メモ帳で開く」を選択します。
  2. データベースのエクスポート

  3. 下記の記述を削除して上書き保存します
  4. データベースのエクスポート

補足削除する部分の記述は、移転先のデータベースに復元する際、不要になります。

ファイルマネージャー

  1. ファイルマネージャーを開きます
  2. WordPressのインストールされているフォルダを選択しダウンロードします
  3. キャプチャ画面

  4. 下のような画面が表示されるので「開始」をクリックします
  5. デスクトップ等に保存します
  6. キャプチャ画面

  7. 保存した圧縮ファイルを右クリックして解凍します
  8. キャプチャ画面

  9. これでデータベースとファイルの保存は完了です。


あとがき

ファイルは「FileZilla」を使ってもダウンロードできますが、こちらのやり方が早いです。最初「FFFTP」を利用していて、エラー頻発で大変でした><

0
この記事を書いた人
どらみ

パソコン歴はWindows98からの元パソコンインストラクターです。以前はMS Office系のソフトウェアを主に教えていました。 今はWordPressのテーマLuxeritasにはまっています♪ 質問されると、つい親身になってしまう自称「ポジネガ人間」です。

応援する にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ