テーマLuxeritas(ルクセリタス)ならカスタマイズの保存もクリックひとつで完了です!

ルクセリタス, 保存, 外観

せっかく丹精込めてテーマを自分好みにいろいろいじっても、バックアップがないと困るケースがちょくちょくあります。
フツーはあまりないのかもしれませんが、これまで、バックアップがあってよかったぁ!と思ったことしばしばです。
ということで今日は、いざという時のためにテーマのバックアップをとる方法をご案内します。

ルクセリタスのバックアップ&復元機能

3タイプのバックアップ

設定「Luxeritas」「カスタマイズ」「バックアップ」を開く
Child theme backup

Luxeritas 全カスタマイズのバックアップ

  • 「子テーマの編集」で追加した記述以外はすべてバックアップされます。
  • バックアップしたファイルは「luxe-customize.json」という名前で保存されます。

Luxeritas 外観カスタマイズのバックアップ

  • 外観カスタマイズの内容だけをバックアップします。
  • バックアップしたファイルは「luxe-appearance.json」という名前で保存されます。

子テーマのバックアップ

  • 子テーマに加えた変更、追加した記述などすべてが保存されます。
  • バックアップしたファイルは「luxech.zip」という名前で保存されます。

子テーマのカスタマイズを復元する

設定「Luxeritas」「カスタマイズ」「バックアップ」を開く
それぞれの項目のリストア(復元)から保存したファイルを選択して復元します。

子テーマの「functions.php」を編集する時

functions.php に誤った記述をすると、WordPressが真っ白になって、管理画面が見れないということも起きます。
そんな時は慌てずFTPツールを使ってサイトのディレクトリーにアクセスし

wp-content/themes/luxech/functions.php

を正しいものと置き換えれば元に戻ります。

あとがき

3つのバックアップがあれば、ルクセリタスの子テーマの復元に関しては安心だと思います!
子テーマのバックアップを使って復元をすると、サイトの見た目は元通りになりますが(管理画面のカスタマイザーを使って変更した内容はそのままなので)外観のバックアップと復元は必ず必要になります。
皆さんも「あっ!」となる前にバックアップを忘れずに。

0

使い方

Posted by どらみ