アドセンスの自動広告の代わりに Luxeritasで記事本文中にAdSense の広告を表示するには

2018.07.04おすすめ, 関連コンテンツ

2018年2月アドセンスの自動広告がスタートしました。
その直後から「自動広告にすると(収益)効果がすごい!」的な記事が散見されるようになりました。
え、そうなんだ!?
と思って自動広告を取り入れられたオーナーさんも多いことかと思います。

また、新機能なら一度試してみよう、という軽い気持ちで導入された方もいるでしょう。

AdSense自動広告の導入手順

広告コードの取得

開く「広告の設定」「自動広告」「自動広告を設定」
AdSense 自動広告
開いたウィンドウに記載されたコードをコピーします。
サイトに自動広告を設定

テーマへの導入

開く「Luxeritas」「子テーマの編集」「Headタグ」
下図の位置に先ほどコピーした自動広告のコードを貼りつけて「保存」します。
子テーマの編集
「保存」ボタンをクリックした後に表示される画面では、「このページから移動する」をクリックします。
Set up ads_02

自動広告のカスタマイズ

開く下図のペンアイコンをクリック
アドセンス自動広告の全般設定

自動広告の全般設定

それぞれの広告について「ON」と「OFF」を切り替えることが出来ます。
アドセンス自動広告(全般設定の変更)

  1. テキスト広告とディスプレイ広告
    テキスト広告とディスプレイ広告
  2. インフィード広告
    インフィード広告
  3. 記事内広告
    記事内広告
  4. 関連コンテンツ
    関連コンテンツ

URLグループごとの自動広告の設定

サイトごとにそれぞれ異なる自動広告の設定が出来ます。
開く「広告の設定」「自動広告」「新しいURLグループ」
AdSense自動広告 詳細URL設定

  1. グループに含めるURLを選択
  2. URL グループの広告設定(ここで指定した内容は全般設定よりも優先される)
  3. URL グループの確認
    • 任意のURLグループ名を入力する
  4. 保存

自動広告で収益アップ!?

自動広告を導入してみたら

まるっと。でも、今年2月に自動広告を導入しました。
自動広告を設定した直後は特に、サイトのグローバルメニューの下など、極端に目立つ場所に広告が表示されました。

モバイル表示だとメインは広告!?というほどの目立ち方です。

他にはサイドバーに設置した PVランキングの間に割り込んだり、アフィリエイトバナーとバナーの間に入り込んだり
もちろん記事の中にも容赦なく?入りこみます。

広告の絶対数が増えると、それだけ広告のバリエーションも増えて、訪問者が興味を持ちそうな広告が表示される可能性も増えるのかもしれません。

でも実際は導入した2月こそ増収になったものの、それ以降は、減収の一途でした。
もちろん、増減の要因は「自動広告」だけではありませんので、なんとも言えません。

でも、サイトが広告だらけになって見にくくなることだけは確かでした。

自動広告を削除してみたら

試しに、ここの自動広告を6月2日に削除してみました。
でも、意外なことにその後増収に転じています。

ここのサイトのコンテンツ内容からして、表示される広告は私自身、あまり興味のないものばかりです。
むしろ「くらしのひきだし」の方がまだ興味が持てます。

これでも少しは表示させる広告の種類を選択しているんですけどね。

自動広告の代替案として

記事内に広告を表示する方法を採用しています。
こちらは自分でどの位置に挿入するかを決められますので、自由度が高いです。

Luxeritasで記事の中にアドセンスを埋め込む方法

Luxeritas3.x 以降のショートコードを使用した機能です

開く「Luxeritas」「定型文登録」
capture_15352_01

  1. 「サンプル登録(ショートコード)」タブを開く
  2. 「Google Adsense ( 登録後、中身を編集してください )」のチェックボックスをONにする
  3. 一番下の「変更を保存」ボタンをクリックする

capture_15352_02

Google AdSense のショートコードを編集する

アドセンスの広告ユニットは「記事内広告」を選択してコードを取得しておきます。(選ぶユニットに決まりはありません)
capture_15352_03

開く「ショートコード」タブ「ショートコード登録」「(Google AdSense)編集」
capture_15352_04

編集下の画像で青く選択している部分に自分の広告ユニットのコードを貼りつけて「保存」してください。
capture_15352_05

注意:広告ユニットの上部に「Sponsored Links」という文字を表示させたい方は、<p>Sponsored Links</p> の部分は消さずに残してください。
AdSenseの広告掲載に関するポリシーには
Google 広告のラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。
と記載されており、ラベルの表記は義務付けられていません。

記事内に挿入する方法

記事内の任意の位置に
[ads]
と入力するだけで選んだ広告ユニットが表示されます。

AdSense の広告ユニットは新規作成した直後は表示されるまでに時間が掛かります(数十分~2時間ぐらい)。そのため、あらかじめ広告ユニットを作成してから上記の操作をされる方がいいと思います。

こぼれ話(長め)

そんな感じで、当サイトでは現在のところ自動広告は採用しておりません。
ただし「くらしのひきだし」では継続採用中です。

私自身、「広告はこうするのがいい」というほど、経験も実績もありません。
ただ、あくまで個人の感想として、大手サイトでもない一個人のブログで広告がクリックされるか否かは、そのブログのファンがいるかいないか、に密接に関わっているのではないか?と最近は思います。

なかなか通りがかりの「(検索の)結果が知りたい」だけのユーザーがわざわざ広告まで見て、しかもクリックして帰るなんて行動は考えにくいからです。
それは自分の行動がそうだから、言っているだけのことですが。

まるっと。のPV数は、まだまだ微増状態から抜け出していません。
だけど一つだけ言えることは、開設当初と比べると、読んでいる人の姿が見えるようになってきたこと、でしょうか。

それはサイトへのリンクであったり、メールであったり、コメントであったり、拍手数であったり、拍手コメントであったりするもので、応援していただく機会が増えてきたことで気づきます。
根気強く参加しているブログ村のPVランキングも、最近はコンスタントに10000pt/週を超えるようになってきました。

サイトが更新できるモチベーションは色々あります。

色々ありますが、このサイトを運営している最たる理由は「広告による収入を得ること」です。
趣味のようでもありますが、ボランティアでないことは確かです。

もともとLuxeritasに関する記事を書こうと思って始めたわけではなく、テーマをいじっているうちに、せっかくだし記事に残しておこう、と思って書き始めているうち気がついたらLuxeritas一辺倒になっていただけですw

おそらく記事を読むのは簡単で一瞬だと思うのですが、一つの記事を仕上げるのにかかる労力たるや、半端ないです。
この記事なんかは簡単な部類に入りますが、一番の大作は今のところ「同じURLにWordPress(サイト)をインストールし直すもっとも簡単な方法」でしょうかね、やっぱり。

手順の検証もさることながら、一つ一つのキャプチャ画面を撮って、それぞれ名前をつけて保存して、アップロードして、記事に貼りつけて、確認してって作業は気が遠くなりそうになります。
そして書いたら終わりじゃなくって、その後も、手順を再検証して誤りがないかを確認する必要がありますし、のちに追記した方がいいと思った部分が見つかれば、記事を何度も更新しますしね。

ボランティアでないことは確かなんですが、半ば趣味でなければ出来ないのも確かのようですw

今後とも応援よろしくお願いいたします。(__)

15

2018.07.04Google AdSense

Posted by どらみ