同じURLにWordPress(サイト)をインストールし直すもっとも簡単な方法

2018.06.27FileZilla, おすすめ, インポート, Contact Form 7

私がWordPressを初めてインストールしてから、運用中のサイトをリセットして一から作り直すこと2回。
どうしても初めての挑戦では、あれこれ触っているうちに抜け出せない不具合に遭遇してしまうことがあるからです。

私の場合は、ドメインのルートにある別のディレクトリに新たにWordPressをインストールし直して、旧サイトからデータのコピーが完了した時点で、新しい方のディレクトリにあるWordPressを読みに行くよう「index.php」を書き換える、という方法でした。

ところが、ドメインのルートに直にWordPressをインストールしているケースの場合、出来なくはなさそうだけれど、初心者にはハードルが高そうだし、いずれにしてもマニュアルを作るのも大変そうです。

ということで、一時的にサイトがメンテナンス中になるのは覚悟の上でならもうちょっと簡単な方法があったので、そちらの説明をしたいと思います。

なお、操作にはPHPファイルの簡単な編集が含まれます。「FileZilla」の準備はこちらの記事(FileZillaの準備編)を参考にしてください。「FileZilla」を使用したサーバー内のファイルの編集方法は、こちらの記事を参考にしてください。また画面の説明はLuxeritas 3.xに基づいています。
最低限必要なスキル

  • FileZillaなどのFTP転送ツールが使える
  • TeraPadなどのテキストエディタで編集・保存ができる
  • ファイル名を変更して保存ができる

旧WordPressでするべき準備

Luxeritasのバックアップをする

現在運用中のWordPressからテーマに関するバックアップを取ります。
開く「Luxeritas」「管理機能」「バックアップ」

  • 「Luxeritas 全カスタマイズのバックアップとリストア」「全てバックアップ」
  • 「Luxeritas 外観カスタマイズのバックアップとリストア」「外観のバックアップ」
  • 「子テーマのバックアップ」「バックアップ」

上記3点のバックアップを取り、ローカルに保存しましょう。
関連記事テーマLuxeritas(ルクセリタス)ならカスタマイズの保存もクリックひとつで完了です!

データをエクスポートする

現在運用中のWordPressから投稿などすべてのデータをエクスポートして保存します。
開く「ツール」「エクスポート」

「エクスポートする内容を選択」から「すべてのコンテンツ」を選ぶことも出来ますが、過去にインポートに成功したことが一度もありません。特に「メディア」はインポートでつまずくことが多いので、面倒ですが、1か月単位でエクスポートすることをおすすめします。

export

メディア以外は分割なしでダウンロードしてください。いずれもファイル名で識別できるように保存してください。

export_03
export_04
export_05
media_export

「エクスポートファイルをダウンロード」ボタンをクリックすると、ダウンロードした今日の日付が自動でファイル名に付与されます。他の年月と識別できなくなるため、ファイル名をダウンロードした年月と合うように変更して保存します。

export_02

パーマリンクの設定をメモする

現在運用中のサイトのパーマリンクの設定を確認して控えましょう。
開く「設定」「パーマリンク設定」
Permalink

メディア設定をメモする

メディア設定の画像サイズ等を確認して控えましょう。
開く「設定」「メディア」
Media settings_画像のサイズ

ユーザー名とパスワードを準備する

現在運用中のWordPressにログインするユーザー名とパスワードを準備しておきましょう。

新たなWordPressで違うユーザー名とパスワードを使用することは可能ですが、今回は同じURLでサイトを構築する意味でも同じものの方が便利です。

PHPファイルを編集する

wp-config.phpを編集する

–注意!– Windows の “メモ帳” でこのファイルを編集しないでください ! プレーンテキストとして編集できるテキストエディタをお使いください。
問題なく使えるテキストエディタ

  • TeraPad (Windows, フリーウェア)
  • サクラエディタ (Windows, フリーウェア)
  • EmEditor (Windows)
  • 秀丸エディタ (Windows)
  • mi (Mac OS X / macOS 10, フリーウェア)
  • Jedit Ω (Mac OS X / macOS 10)
  • CotEditor (Mac OS X / macOS 10, オープンソース, フリーウェア)

SQLFTP転送ツール(FileZilla)などを使用して「wp-config.php」の72行目を編集し、データベースの接頭語を「wp_」から「wp2_」に変更し、上書き保存します。
wp-config

変更前

$table_prefix  = 'wp_';

変更後

$table_prefix  = 'wp2_';

この記述を元の「$table_prefix = ‘wp_’;」に戻せば、いつでも元のWordPressにアクセスできますので安心です。

新たにWordPressをインストールする

WordPressの新規インストール

WordPressのダッシュボードに戻りページの再読み込みをするとWordPressの新規インストールが開始します。※ブラウザの再読み込みをクリックすることです。
Install WordPress

  1. サイトのタイトル:サイト名を入力します
  2. ユーザー名:旧サイトで使用していたユーザー名を入力します(変更も可能)
  3. パスワード:旧サイトで使用していたパスワードを入力します(変更も可能)
  4. メールアドレス:旧サイトで使用していたメールアドレスを入力します(変更も可能)
  5. WordPressをインストール を最後にクリック

Succeeded!

上の画面が表示されたら左下の「ログイン」ボタンをクリックして新しいWordPressにログインします。

新WordPressですること

サイトをメンテナンス中にする

新しくインストールしたWordPressにログインをしたら、まず「外観」「テーマ」で「Luxeritas Update」テーマを有効化して、サイトを一時的にメンテナンス中にします。
Luxeritas Updateの有効化

「Luxeritas Update」をインストールされていない方は——
以下のリンク先から、アップデート用テーマを入手し、テーマの「新規追加」から追加します。
リンクLuxeritasアップデート用テーマ(ダウンロードページ)

WordPressの初期ページを削除する

新しく起動したWordPressを使用する前に既存のページを完全に削除します。(データのインポートで記事のIDが変わることのないようにするためです)

  1. 投稿の「Hello world!」
  2. 固定ページの「サンプルページ」
  3. 固定ページの「プライバシーポリシー(下書き)」

以上3つのページを削除し、必ずゴミ箱を空にします

ゴミ箱を空にする

ユーザーの設定をする

開く「ユーザー」「あなたのプロフィール」

ニックネームとブログ上の表示名を旧サイトと同じにします。

user-name

パーマリンクの設定をする

開く「設定」「パーマリンク」

新しいWordPressで「パーマリンク」を旧サイトと同じになるように設定します。

Permalink

「Contact Form 7」を有効化する

プラグインの一覧から「Contact Form 7」だけを有効化します。(インポートの際に必要)

Contact Form 7

メディア設定をおこなう

開く「設定」「メディア」

旧サイトと同じ設定にします。

Media settings

データのインポートを行う

開く「ツール」「インポート」「WordPress」

初めて利用する時は「今すぐインストール」をクリックしてインストールを行います。

import

インストール後は以下の画面に変わりますので、「インポーターの実行」をクリックします。
インポーターの実行

WordPressのインポート

  1. 「参照」をクリックしてエクスポートした旧サイトのデータファイルを選択し、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。
  2. 投稿者の割り当てで、既存のユーザーを選択します。
  3. 添付ファイルをダウンロードしてインポートするにチェックを入れます。
  4. 「実行」をクリックします。

Assigning contributors

旧サイトからエクスポートしたファイルを 「投稿」「固定ページ」「コンタクトフォーム」「カスタム投稿」「メディア」と順番にインポートします。(メディアからインポートを開始しないでください)
メディアのインポートには時間が掛かります。インポート中は画面を切り替えないで焦らずお待ちください。

Luxeritasの子テーマを有効化する

データのインポートが終わりましたら、Luxeritasの子テーマ「Luxeritas Child Theme」を有効化します。サイトが閲覧可能になります。
Luxeritas Child Theme

ただし、テーマをいろいろいじって、旧サイトでインストールしたテーマは削除してもう一回一からやり直したい、という場合は「Luxeritas Update」テーマを有効化した状態で、親テーマと子テーマをいったん削除し、新しいテーマをインストールしたのち子テーマを有効化してください。

Luxeritasのカスタマイズを復元する

必要に応じて、Luxeritasのバックアップから「復元」します。
通常はカスタマイズ内容は保持されています。

開く「Luxeritas」「管理機能」「バックアップ」
restore

カスタマイズの復元を行っても、子テーマに記述した内容は復元されません。子テーマを新たにインストールした場合などは子テーマのバックアップから復元してください。

プラグインを有効化する

新しいWordPressでは、旧サイトで使用していたプラグインは停止状態になっています。不具合が起きないかなどを十分確認しながら、1個ずつ有効化していきます。

まとめ

同じURLに新しいWordPressをインストールして、旧サイトのデータをコピーする方法は以上です。読み飛ばさず、必ず手順通りに進めてください。
初心者の方は特に、テキストエディタの扱いにご注意ください。必ず事前に「TeraPad」などのテキストエディタをご準備ください。

この操作でWordPressとデータベースは新しくなります。しかしカスタマイズの失敗などで、テーマに何らかの不具合を抱えている場合、旧サイトで使用していたテーマをそのまま使うことはお勧めしません。使い方を十分に理解したうえで、新しくテーマをインストールし、改めてカスタマイズしていってください。

親テーマはインストールをやり直せば済みますが、子テーマにはいろいろ大切な情報を盛り込んでいるはずです。それらの情報を失うことのないように十分気をつけてください。

以下に記載されている内容の事です。

子テーマの編集

新しいバージョンのLuxeritasでは「アクセス解析(body)」と「アクセス解析(head)」の並びが入れ替わっていますので注意してください。

Edit child theme

WordPressを新しくインストールすることで、リセットされることが多々あります。
特にSNSと連携されている場合「いいね!」の数がリセットされたりします。
「WordPress Popular Posts」のPV数もリセットされます。
検索すれば、それらの内容も引き継ぐ方法があるかもしれません。
しかし、そんなにわかりやすく書かれている記事はないと思います。
WordPress初心者の方が、それに労力を割くよりは記事の作成に力を注がれた方が、よほど今後のためだと思います。

もし、リセットされるのは嫌だ、過去のPV数も引き継ぎたい、という場合は、今回の方法でサイトを作り直さない方がいいと思います。

様々なことを検証しながら、時に、自サイトでのアクシデント(自分の操作が原因)にも見舞われ、この記事を完成されるのに丸3日を要してしまいました。
いい勉強になりました。。。

が疲労感が半端ないです。

1

2018.06.27インストール

Posted by どらみ