WordPress Popular Posts を使用して個別記事にPV数を表示する方法

ウィジェット

個別記事にプレビュー数を表示しても、それはただのアクセント程度にしかならないと思いますが、、、
アクセントならアクセントらしく見た目を整えてみましょう♪

ウィジェットを使用して個別記事にプレビュー数を表示する

phpファイルを準備する

テキストエディタに、以下のコードを入力して[ wpp_get_views.php ]という名前で保存し、テーマのfunctions.php があるディレクトリにアップロードします。

<?php if ( function_exists ( 'wpp_get_views' ) ) { echo '<span class="wpp-views2">' . wpp_get_views ( get_the_ID() ) . ' views</span>'; } ?>

ルクセリタスを使用している場合だと、子テーマの中、ということになりますので
wp-content/themes/luxech の中に保存してください。
Theme_luxech

functions.phpに追記する

子テーマの functions.php に以下のコードを記述します。(3行目が今回のファイル名)

/* PHPをウィジェットで動かす */
add_filter( 'widget_text', function( $ret ) {
	$php_file = 'wpp_get_views';

	if( strpos( $ret, '[' . $php_file . ']' ) !== false ) {
		add_shortcode( $php_file, function() use ( $php_file ) {
			get_template_part( $php_file );
		});

		ob_start();
		do_shortcode( '[' . $php_file . ']' );
		$ret = ob_get_clean();
	}

	return $ret;
}, 99 );

尚、上記コードの書き方は、ルクセリタスの作者である るなさん のブログよりお借りしました。
参考WordPress でプラグイン使わずにウィジェットで PHP コード動かす

ウィジェットを追加する

記事下にテキストウィジェットを追加し、以下のように入力します。

[wpp_get_views]

Article bottom widget

CSSで整える

子テーマのスタイルシートに以下のコードを追加します。

/* views */
.wpp-views2{
	font-size: 110%;
	color: #24890d;
	float: right;
}
.wpp-views2:before {
	font-family: FontAwesome;
	content: "\f080";
	margin-right: 2px;
}

設置例
個別記事のプレビュー数
以上で完成です!
ウィジェットを使用していますので、誰でも簡単に設置が可能です。
こことまったく同じにならないよう、色やフォントアイコンを変更してお試しください♪

0
この記事を書いた人
どらみ

パソコン歴はWindows98からの元パソコンインストラクターです。以前はMS Office系のソフトウェアを主に教えていました。 今はWordPressのテーマLuxeritasにはまっています♪ 質問されると、つい親身になってしまう自称「ポジネガ人間」です。

応援する にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ