さくらのレンタルサーバーからエックスサーバーにWPで構築した(SSL化済み)ブログを移転する(ドメインとMySQLの追加編)vol.3

サーバー移転

今回は、エックスサーバー側にドメインとMySQLを追加する手順をご紹介します!

ドメインを追加する

  1. サーバーパネルのメニューから「ドメイン設定」をクリックします
  2. キャプチャ画面

  3. 追加したいドメイン名を入力し、追加(確認)ボタンをクリックする
  4. キャプチャ画面

※ドメインの追加と同時に「独自無料SSLを利用する」にチェックを入れても、追加する対象ドメインのネームサーバーがエックスサーバーのものになっていないなどの状況により、無料独自SSL設定が追加できないケースがあります。
この場合、ドメイン設定の追加は完了したものの、無料独自SSL設定が追加できなかった旨のメッセージが表示されます。

上記のような場合には、ドメイン追加が完了したのち、サーバーパネル内「SSL設定」にて、無料独自SSLの設定を追加することができます。

FTPサーバー上に自動生成される初期フォルダ一覧

サイトデータは追加したドメインフォルダ内の「public_html」フォルダにアップロードします。

ドメイン設定の追加時に作成されるフォルダの一覧
/.spamassassin 迷惑メール設定についてのファイルが保存されます。
/autoreply 自動応答設定についてのファイルが保存されます。
/htpasswd Basic認証のパスワード設定ファイルが保存されます。
/log アクセスログが保存されます。
/mail メールデータが保存されます。
/public_html サイトデータのアップロード先です。
/script cgiツールなどの各種スクリプトが保存されます。
/xserver_php php.ini設定のファイルが保存されます。

MySQLを追加する

  1. MySQL設定をクリックする
  2. キャプチャ画面

  3. 「MySQL追加」タブを開き、データベース名を半角16文字以内で入力し、「追加(確認)」ボタンをクリックする。
  4. キャプチャ画面

  5. データベース名を確認し「追加(確定)」ボタンをクリックする
  6. キャプチャ画面

MySQLユーザを追加する

  1. 「MySQL一覧」タブを開きます
  2. キャプチャ画面

  3. 先ほど追加したデータベースに「アクセス権所有ユーザ」がいないことを確認し「MySQLユーザ追加」タブを開きます
  4. キャプチャ画面

  5. ユーザID、パスワードを規定に沿って入力し、「追加(確認)」ボタンをクリックします
  6. キャプチャ画面

    重要!ここで入力した「MySQLパスワード」は必ず控えてください!
  7. ユーザ名に誤りがないことを確認し「追加(確定)」ボタンをクリックします
  8. キャプチャ画面

  9. 「MySQL一覧」を開きます
  10. キャプチャ画面

  11. 「アクセス権未所有ユーザ」一覧から、さきほど追加したユーザを選び「追加」ボタンをクリックします
  12. キャプチャ画面

  13. 「MySQL一覧」を開いて、データベースにユーザが追加されていることを確認します
  14. キャプチャ画面

あとがき

以上で、ドメインとMySQLの追加は完了です。もし今回「無料独自SSLの追加」がエラーで出来なかった場合は追加せずそのままにしてください。インポートまで進めるつもりが、思った以上に説明が長くなりましたので、インポートは次回に続けたいと思います。

0
この記事を書いた人
どらみ

パソコン歴はWindows98からの元パソコンインストラクターです。以前はMS Office系のソフトウェアを主に教えていました。 今はWordPressのテーマLuxeritasにはまっています♪ 質問されると、つい親身になってしまう自称「ポジネガ人間」です。

応援する にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ