WPを独自ドメインのサブディレクトリにインストールする(エックスサーバー編)

インストール

前回はさくらのサーバーにWordPressを独自ドメインのサブディレクトリにクイックインストールする方法をご紹介しました。

今回はエックスサーバー編です。

ほとんどやり方は同じですが、詳しくご紹介していきたいと思います。

レンタルサーバーでWPを簡単インストールする

エックスサーバーの場合

データベースは自動作成を利用する

エックスサーバーでは、新たにデータベースを自動作成してくれるので、事前の準備は不要です

WordPressをインストールする

  1. 「自動インストール」を開いて、WordPressをインストールしたいドメインを選択します。
  2. 「プログラムのインストール」タブを開いてWordPress日本語版の「インストール設定」をクリックします。
  3. 必要事項を入力します
  4. ① 任意のフォルダ名を入力
    ② ブログ名を入力(あとから変更可能)
    ③ ユーザ名を入力(⑤と同じメールアドレスでも可)
    ④ パスワードを入力
    ⑤ メールアドレスを入力
    ⑥ 「自動でデータベースを作成する」にチェックを入れる
    ⑦ 「インストール(確認)」ボタンをクリックする

  5. 入力に間違いがないか確認して「インストール(確定)」をクリックします。
  6. WordPressのインストールが完了しました。画面に記載の情報は必ずメモにとって保存しておきましょう。
  7. キャプチャ画面

WPの管理画面にログインする

  1. ユーザー名またはメールアドレスとパスワードを入力してログインします
  2. キャプチャ画面

  3. WordPressにログイン後、メニューの「設定」→「一般設定」を開き、サイトアドレスにフォルダ名が付いていることを確認します。
  4. キャプチャ画面

  5. 下図のように変更し左下の「変更を保存」をクリックします
  6. ①と②のhttp:// を https://に
    ②のフォルダ名の部分を削除

    キャプチャ画面

  7. この状態でサイトアドレス(URL)にアクセスすると下のように
    Forbidden You don’t have permission to access / on this server.
    と表示されます
  8. キャプチャ画面

Forbiddenエラーを解消する

  1. FileZillaを使ってサーバーのファイルにアクセスする
  2. WordPressをインストールした「WP」フォルダ内にある「index.php」をローカルにダウンロードし下のマーカーされている個所を修正します。
  3. キャプチャ画面

    修正前:  ‘/wp-blog-header.php’
    修正後: /wp/wp-blog-header.php’

  4. 上書き保存したあと、「WP」フォルダと同じ階層にアップロードします。
  5. キャプチャ画面

  6. 再度サイトURLにアクセスし、トップページが表示されていれば完了です!


あとがき

下位のディレクトリにWordPressをインストールした場合は、いずれも「index.php」を編集して、ドメイン直下に置く必要があります。

少し手間はかかりますが、WordPressのインストールはこちらのやり方がいいように思います。

1
この記事を書いた人
どらみ

パソコン歴はWindows98からの元パソコンインストラクターです。以前はMS Office系のソフトウェアを主に教えていました。 今はWordPressのテーマLuxeritasにはまっています♪ 質問されると、つい親身になってしまう自称「ポジネガ人間」です。

応援する にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ